クレジットカード審査での延滞履歴とは?

クレジットカード審査でチェックされる延滞履歴は何年消えないのでしょうか。
いわゆる金融事故を起こしたら5年間は記録に残っているといわれています。
信用機関は複数ありますし、クレジットカード会社の社内情報として記録が残されていることもありますから、事故歴がつくと、新しいクレジットカードをつくることが難しくなったり、ローンの審査に落ちてしまうということもあります。
中には延滞があったら8年間情報を残すというクレジットカードもあるようです。
そうなると、現在の属性が問題なくても、住宅ローンなどの高額のローンの審査が通らないということが起きてきます。
1年ほどして流通系の審査が甘めのカード審査に通るようでしたら、そこから実績を積んでいくのがいいでしょう。