ローン抱えているといろいろ大変です・・

持ち家がありますよね。
海外赴任をすることになった場合、その持ち家をどうするか!?(汗)その中でも一番経済的で、且つ効率的なのが、「賃貸化」にすることですね。
<家を貸すメリットについて>当然ながら家賃収入が得られる所にあります。
特にローンを抱えている家庭の場合、そのローンの支払いを家賃収入で埋めることができるので、便利ですよ。
(笑顔)また、一軒家の場合、特にそうですが、人が住んでいないとか、使用されていない場合があります。
このような場合は、家そのものが風化してしまうこともあります。
そして、腐敗します。
家全体が傷み続けます。
そういう意味でも、人が住むとことは、家にとって大きな意味があると言えます。
(笑顔)。
※(注意):ただし、リスクもあります。
人が住むことで生まれる損傷、損耗もありますが、一概に人が住んでいた方が家を保持することできるとも限りませんよね。
子供のいる家庭の場合、特にそうだと思います。
数年間は貸し出す場合があるとします。
そのリスクは、ある程度は覚悟しておく必要がありますね。
こう言ったリスクも覚悟の上で賃貸化する場合は、海外赴任前に準備を行います。
その必要があります。
赴任中の管理については、不動産業者、管理会社に委託することになります。
貸し出しをはじめ管理全般を請け負ってもらえるので、自分で行う準備、手続きについては最小限で済みますよね。
※(注意):ただし、ある程度のコストが必要です。
ですから、その点は覚悟が必要となります。